フレア加工方法(エアコン・冷凍機)

冷凍機やエアコン配管のフレア加工方法

エアコン(クーラー)取り付け配管のフレア加工について。エアコンの工事に関する技術でフレア加工は重要です。上手くフレア加工が出来るのかを書き出してみましたので、頑張ってみましょう。

取り付ける配管を準備しましょう

取り付けようとしているエアコンの配管サイズが何なのかを調べてみましょう。
ルームエアコンで多いのは2分3分と呼ばれるサイズの配管です。
2分3分の配管を用意する際、あらかじめどのくらいの長さが必要か測っておきましょう。
今は配管セット(フレア加工済み+電線)という便利な物も売っていますよ。

フレアを加工はこうする!

まずパイプカッターを使用し、欲しい長さに切ります。
パイプカッターの使い方
最初に少しだけハンドルを回し1周回し、次に回す時にハンドルを少し回しながら切ります。これを何度か繰り返し、ハンドルを回し過ぎると配管が潰れるので注意しましょう。
この時の配管の切り口はビニールテープなどで保護しておきましょう。
次にリーマーを使い、バリ(かえり)を取ります。
銅管を少し削るくらいが良いですね。
フレアツールによっては配管を出す寸法が違うので確認をしましょう。
重要なのは配管の出す寸法です。この出づらが出過ぎるとフレアナットが出なくなったり、引っ込みすぎるとガスが漏れます。
従来のフレアツール(クラッチ式:リジット)では1.0~1.5mmでちょうど良いです。
R410A用フレアツール(クラッチ式)では0~0.5mmです。
くれぐれもフレア加工をする際、ナットを入れ忘れない様に注意しましょう!

フレアの広がりを確認しましょう

フレア部や配管内にバリが残っていないかも確認します。
均等に押し広がっているかも重要です。
そして、フレア部に段差がないか確認です。
この部分が室外機のバルブ部に接続されるのでしっかり確認をしてください。
失敗したらパイプカッターを使用し、配管を切断、加工しなおしてみましょう。

~インフォメーション~

☆激安エアコンを探す!
☆エアコンをクリーニング!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP